医療、医院、病院、福祉、歯科医院、研修、の専門家 / 一緒に地域医療に貢献しませんか?病院、医院、歯科医院、介護、福祉のエキスパート

 

 

セミナーチラシはこちら
 

 












 

 
トップページ»  中島 慶八郎氏の医療ブッタ切り

中島 慶八郎氏の医療ブッタ切り

 

第1回 医療行為

本来、「医療行為」とは健康に関する広範囲な領域で、学会への参加、医学の研究、疾病への診療および予防等々でありますが、「医療行為」となると医師が行う行為となっております。
現在、慢性疾患の患者の増加、医師不足、医師の偏在等々によって看護師をはじめとしたコ・メディカルがある程度の医療行為を行っても良いではないか?という動きが加速しています。

 

画像をクリックするとPDFが開きます。

※PDF形式の文書をご覧頂くには、Adobe® Reader® プラグイン(無料)が必要です。

お持ちでない方はこちらから入手できます。

 

略 歴

名古屋市立大学 薬学部 卒業後、ファイザー製薬に入社
 
在社中に 製薬協流通適正化委員会、
医療用医薬品製造販売公正取引協議会常任委員を務め
 
ファイザー製薬退社後、昭和薬品㈱(現 アルフレッサ)東京支店顧問となり
(社)日本医薬品卸業連合会 薬制委員会委員
日本医薬品卸勤務薬剤師会 研修・啓発委員会委員を務める
 
 ・ 日本プライマリケア連合学会代議員
 ・ NPO睡眠時無呼吸症候群(SAS)ネットワーク理事長
 
厚生行政、その他の情報収集、社内教育、薬局・薬剤師会等の講演活動を行う