医療、医院、病院、福祉、歯科医院、研修、の専門家 / 一緒に地域医療に貢献しませんか?病院、医院、歯科医院、介護、福祉のエキスパート

 

 

セミナーチラシはこちら
 

 












 

 
トップページ»  【MSSとは】一般社団法人メディカルスタディ協会東海

  

 

 

 

 

 

 ① 医療福祉に対する最新の経営情報の取得


21世紀日本の医療福祉は、
高齢化社会の進行に伴う医療福祉に対する需要の拡大と、増大し続ける医療費の抑制
という2つの問題に取り組んで行かなければなりません。

この2つの問題は相反するものであり、その決定的な解決法は見つかっていません。
そのため厚生労働省は、各種医療・福祉の制度改革や法改正を常時行っています。
また医療関係者や、民間企業もそうした改革や法改正に対応した経営を行っていかなければなりません。
そのために必要なのが医療福祉に対する最新情報の入手ということになります。
メディカルスタディ協会では、
こうした医療福祉会の動きをいつも注視しながら会員に最新の経営情報を提供していきます。

 

 

 ② 医療福祉の現場で実践できる具体的ノウハウの提供


医療福祉業界の現場では、限られた予算の中で、各種有資格者が協力しあって、医療や福祉のサービスを提供しています。
こうした現場のなかでは一定のルールに基づいて患者様や、利用者の人たちのニーズに答えたサービスを提供していることと
思いますが、各現場独自の工夫というものもあります。
そうした現場の「知恵」の中には他の医療機関や、福祉施設でも応用できるものがたくさんあります。
メディカルスタディ協会ではこうした現場の「知恵」を集めて皆様に提供していきます。

 

 

 ③ 医療福祉に関するマーケット情報とマーケット開拓情報の提供


メディカルスタディ協会の会員の多くは、医療福祉関係者、ないしはその周辺業界の人達 です。
医療・福祉の業界は、金額的には大きなマーケットですが、参加している人の数の点で見ると
実は限られたマーケットになっています。
従いまして、医療マーケットに精通した各業界の人達が集結することにより医療福祉に関するマーケット情報を
いち早く入手することができるようになります。
また、これから医療マーケットを開拓していこうと考える方にとっては
見本となる実例や、指導をしてくれる会員がたくさんいるので心強いことと思います。

 

 

 ④ 医療福祉に対する外部セミナーの実施


メディカルスタディ協会は毎月1回の定例会において、勉強会を実施している他、
年に数回医療福祉関係者を対象とした外部セミナーを開催しています。
テーマは、開業や増患、広告戦略等多岐にわたります。
こうしたセミナーを通じ、医療福祉業界に私たちの存在や活動を広くアピールしていくとともに、
参加会員の新たな医療マーケットの開拓にもつなげて行っています。

 

 

 ⑤ 医療福祉関係者の、開業情報、不動産の購入情報、保険加入希望情報等の提供


医療福祉関係の会員が多数集まっているメディカルスタディ協会では、会員相互の情報交換を通じて、お互いに助け合い発展していっています。それは医療福祉業界に貢献するという同じ目的を持った会員同士がその情報を集結することによりひとつのシナジー効果を生み出しているということです。
会員個人に取ってはそれほど重要な情報でなかったとしてもそれが他の会員にとっては重要であったり、またいくつかの情報を集めることによりそれが思わぬ成功を生み出したりすることがあります。
メディカルスタディ協会ではこうした情報をより集積し活用していきたいと思っています。

 

 

 

 ⑥ 医療福祉業界に携わる会員同士のネットワーク化と親睦


メディカルスタディ協会は、医療福祉会の発展のために会員同士が相互に協力しあって勉強会を実施し、
またお互いに情報交換をして会員自身のビジネスにつなげています。

メディカルスタディ協会では、こうした会員を今後とも増やしていき、よりレベルの高い会の運営を目指します。
また、メディカルスタディ協会では会員同士の親密さというものも重視しています。
毎月の勉強会の後にはお互いに心をうち解けて話ができる親睦の場をもうけていますし、
夏には葉山でのバーベキュー、冬は温泉での忘年会を企画しています。
こうした勉強以外の活動を通じて、会員同士の結束を強くしているのです。